「名刺・自己紹介なし」ホテル朝食会

ホテル朝食会とは?

この朝食会は、

「早起きが苦手」
「朝、とりあえず早起きをしたい」

そんな人達のために、

「それでは朝、誰かと会う約束をしよう」
「明日、約束があればとりあえず起きるだろう」

そんな目的で始めた交流会です。

10年、100回以上開催

おかげさまで最初に開催してから約10年。開催数は100回以上。

訪れたホテルの朝食は約200軒。500人以上の参加者とお会いする機会を頂くことができました。(※いずれも重複含む)

名刺・自己紹介なしの交流会

この朝食会は基本的に「名刺・自己紹介なし」が基本です。

そのため、

(名刺も自己紹介もないと)人脈が出来ないのでは?」
(名刺も自己紹介もないと)参加するメリットがないのでは?」

そのように考え、参加しない方、少なくありません。

しかし多くのセミナーや異業種交流会と同じように名刺交換や自己紹介をしてしまうと、結局、

「収入の少ない人間は多い人間の意見に従うべき」
「本を出版してない人間は出版している人間の意見に従うべき」

そんな雰囲気がいつの間にか「暗黙の了解」になってしまう。要するに、特別な実績や肩書のない人がどんなことを一生懸命伝えても、

「でもお前、成功してないじゃん」
「そんな話は成功してから言えよ」
「俺のセミナーに参加すればいいのに…もったいない」

結局「草刈り場」になってしまうのです。

一方、名刺も自己紹介もしないことで、その人地位や経歴。あるいは収入といったものは、

「完全にブラックボックス」

となります。

重要なのは、そのホテルで朝食を如何に楽しめるか。あるいはそういった場所を如何に知っているかということが重要となります。

歌手とか、お笑い芸人みたいなものです。

「歌が上手い」
「面白い」

そこに芸歴が何年とか、あるいはどんな音楽の賞を受賞したとかは関係ありません。

ただ目の前にいる人が「いい」と思えばそれでいい

のです。

参加者全員にチャンスがある

参加した全ての人にそうなって欲しい。言い換えれば、

「名刺に書いてある地位や肩書で「相手を言いくるめるような」人は参加してほしくない」

それよりもむしろ、

「もしかしてこの人は?」
「やっぱりあの時の人…さすが!」

参加される以上、そう思われるような方であってほしい。そんな趣旨で開催致しております。